外壁改修工事の種類

リフォームNEXT外壁工事

リフォームNEXT > 外壁工事 > 外壁改修工事の種類

外壁改修工事の種類

外壁工事とは、一般住宅のサイディング工事や、ビル・マンションなどの鉄筋コンクリート構造(RC造)や鉄骨鉄筋コンクリート構造(SRC造)の建造物に発生するひび割れ、鉄筋の膨張による爆裂(欠損)、外壁の剥離等を補修する外壁改修工事のことを言います。屋根や外壁などが劣化すると、主に雨漏りの原因となったり、また、耐久性の低下により外壁の破片などが落下して通行人やその他の工作物等に危害を与えてしまうおそれがあります。建物の資産価値や耐久性を保つためにも定期的な外壁工事が必要となります。

外壁改修工事には色々と工法が有りますが、建物や劣化状況に適した工法を選択して外壁工事を行います。代表的な外壁改修工事の工法は以下の通りです。

注入工法

外壁がモルタル仕上げの場合、仕上げモルタルと内部の鉄筋コンクリート構造体との間で浮きが発生することがあります。また、鉄筋コンクリート構造体の仕上げ精度によってモルタルの仕上げ厚が変わってくるため、この時の塗り重ねによって塗り層間にも浮きの発生が 見受けられることがあります。これらの現象に対しては、浮きの空洞部分に、エポキシ樹脂接着剤を注入し、仕上げと構造体を一体化させます。

ひび割れの補修工法

コンクリート打ち放し仕上げの外壁表面に発生する劣化の中でも、特にひび割れは雨水の浸入によって中性化の促進や鉄筋等の金属の腐食を進行させるなど、早めの処理が必要です。ひび割れの規模や程度によって適した工法を選択します。

充填工法

モルタル仕上げの外壁は、風化や雨水の浸入などによって弱った部分の剥離や、浮き の劣化促進によってモルタル層が剥離するほか、鉄筋や手すりなど埋設金物の腐食による押し出しなどモルタル層の欠損とコンクリート構造体の欠損を伴う場合があります。そのような欠損部・鉄筋爆裂部については、接着性が高く、強度のある樹脂モルタル(エポキシ樹脂系・ポリマーセメント系)で補修する「ボンド樹脂モルタル充填工法」で施工を行います。また、「ボンドUカットシ-ル充填工法」は、コンクリートやモルタルなどのひび割れをダイヤモンドカッターなどでU字型にカッティングし、可とう性エポキシ樹脂や弾性シーリング材を充填する工法です。防水性能に優れ、ひび割れの動きにも追従します。

ピンネット工法

建物の外壁(コンクリート・モルタル・タイル)は、風雨や気温の変化などによって伸び縮みを繰り返し、接着力の不十分な箇所からモルタルや外壁が浮き、最悪の場合は落下してしまうおそれがあります。ピンネット工法とは、そういった外壁の落下事故を防ぐため、ピンでモルタルをコンクリートへ固定し、ひび割れたモルタルをネット層で補強することで、外壁の落下を防止する補修工法です。

一括見積を利用すれば複数の業者に対して一括で見積りを依頼出来ます。見積の依頼はもちろん無料です。見積を比較して適正価格の納得のいく業者を探しましょう。

CONTENTS