改修工事時期の目安

リフォームNEXT改修工事

リフォームNEXT > 改修工事 > 改修工事時期の目安

改修工事時期の目安

街に建ち並んでいる建物には築2~3年の築浅な住宅もあれば、築50年のマンションもあります。それらの建物は工法や構造はもちろん、立地条件やメンテナンスなどによって耐用年数が異なるため、劣化する箇所やそれを修繕するための最適な時期は違ってきます。修繕する際には、「耐久性はどの程度上がるのか」「建物の美観は損なわれないか」など総合的に判断して、長期的な修繕プランを立てるようにしましょう。また、目には見えない劣化もプロの業者によって見つかる場合が多いため、塗装や防水などの追加修繕を視野に入れて、「改装・改修にはトータルでいくらかかるのか」を考え、資金計画を立てることも大切です。

建物関係改修周期
鉄部塗装(屋外)3~4年
鉄部塗装(屋内)4~6年
屋根露出防水のトップコート塗布4~6年
磁器タイル浮き処理7~12年
屋根(露出防水)改修10~15年
外部総合改修(驅体改修+塗替え)10~15年
バルコニー、ベランダ開放廊下
階段室等の床防水
7~12年
コーキング、シーリングの打替え10~15年
鉄部・金物改修、取替え10~15年
屋根防水改修18~25年
窓サッシの取替え25~30年
設備関係改修周期
給水ポンプのオーバーホール5~7年
屋外設備の鉄部塗装4~6年
スチール手すり取替え4~6年
給水ポンプの取替え15~20年
給水施設制御盤等の取替え15~20年
受水槽の取替え20~25年
給水管の取替え20~25年
ガス管の取替え20~30年
電気配線関係の取替え25~30年
エレベーターの更新25~30年

一括見積を利用すれば複数の業者に対して一括で見積りを依頼出来ます。見積の依頼はもちろん無料です。見積を比較して適正価格の納得のいく業者を探しましょう。

CONTENTS