キッチンリフォームの流れ

リフォームNEXTキッチン

リフォームNEXT > キッチン > キッチンリフォームの流れ

キッチンリフォームの流れ

システムキッチンの種類やレイアウトにも様々なタイプがあり、キッチンの広さや構造によって、適したレイアウトやリフォームの方法などもそれぞれ変わってきます。まずは現状のキッチンの広さや構造などを把握し、その上で理想のプランを作り上げていくことが大切です。

キッチンリフォームでは、リフォーム会社に見積りを依頼する前に、まず事前にキッチンの広さを測っておいたり、システムキッチンについての情報収集を行うなどして、ある程度ご自分でプランニングを立てておくことも大切です。理想がはっきりとしていれば、業者に依頼するときに要望を出しやすく、満足の行くリフォームを実現させることが可能になるからです。

キッチンリフォームの大まかな流れは、下記のような形になります。

STEP1 キッチンの広さや高さを測っておく

理想のキッチンを作り上げるためにも、まずは現在のキッチン周りの状況を詳しく調べておきましょう。レイアウトによっては新たに通路幅を広げなければならない場合もありますので、スペースの広さや高さなどを知っておくことはとても重要です。現状のキッチンよりも使いやすい空間とするためには、どの程度の幅や奥行き、高さが必要かをきちんと測ってレイアウトを検討するようにしましょう。このとき、具体的なイメージを図面に描いてみると良いかもしれません。

STEP2 情報収集を行う

カタログを見たり、ショールームに出かけるなどして情報収集を行いましょう。現状のキッチンの不満な点を家族でよく話し合い、何を最優先で改善したいのかを明確にしておきましょう。

STEP3 業者に見積もりを依頼する

プランが明確に決まったら、リフォーム会社に現場を見てもらい、見積もりを出してもらいましょう。このとき、要望どおりのリフォームが可能かを業者に良く相談し、設置や取り付けに無理がないかどうか、しっかりとチェックしてもらいましょう。

STEP4 施工開始

業者から提示された見積りに納得したら、いよいよ施工開始です。尚、施工上の注意点をいくつかまとてみましたので、必ず下記の点を施工前に確認しておくようにしましょう。

1.シンクの位置を変更するなどの大規模なリフォームの場合、施工期間が数日に及ぶ可能性もあります。工事の間はキッチンを使用できなくなることも考えられますので、事前に施工期間を業者に確認し、キッチンを使えない場合の食事をどうするかも考えておきましょう。

2.最近のキッチンカウンターは、従来のキッチンよりも奥行きが広くなっています。少しでも奥行きが広がると、その分だけ通路幅が現状よりも狭くなってしまいますので、施工前にきちんと確認しておきましょう。

3.シンクの位置を変えるリフォームでは、排水管や給水管も移動させる必要が出てきます。特に排水管の場合は、移動先の床下にある程度のスペースがあることが条件となります。

4.電気コンセントの位置を移動する場合は、天井裏の配線も変更しなければならないため、場合によっては天井の張替えが必要となるケースもあります。

5.ガスレンジおよび換気扇の位置を変える場合は、排気口までの距離を考えて移動させることが重要です。

6.室内にカウンターを運び込むときは、通路や階段、エレベーターなどを利用してきちんと搬入出来るかどうかをチェックしておきましょう。

一括見積を利用すれば複数の業者に対して一括で見積りを依頼出来ます。見積の依頼はもちろん無料です。見積を比較して適正価格の納得のいく業者を探しましょう。

CONTENTS