店舗内装工事の重要性

リフォームNEXT内装工事

リフォームNEXT > 内装工事 > 店舗内装工事の重要性

店舗内装工事の重要性

飲食店、美容室、ファッション業など、日々激戦の中でライバル店としのぎを削るお店は数多くあります。こうした店舗の内装やインテリアが集客を左右する大きな要素の一つとして、最近では注目を集めています。

店舗内装の良し悪しは、来店したお客さんが感じ取るお店の第一印象となりますので、非常に重要なポイントであると言えます。そのため、近年ではお店の内装にこだわりを持った経営者が大変多くなっています。ですが、どんなにお洒落なレイアウトやデザインの内装であっても、お店を利用するお客さんにとって不便なものでは意味がありません。例えば、商品が見づらい、スムーズに移動が出来ない、照明が暗すぎるなど……実際にお店をオープンしてから気付く問題点はいくらでも考えられます。しかし、お店の開業後では工事をやり直すことも出来ません。そのような事態を招かないためにも、専門業者とよく相談し、動線など細かい部分まで配慮した内装工事を行う必要があるのです。

店舗内装工事のポイント

お店のコンセプトを決める

お店を開くにあたり、まず考えないといけないのがお店のコンセプトです。お店のコンセプトが決まらなければ、店舗のデザインも決めることが出来ません。例えば飲食店の場合なら、洋食屋、和食屋、居酒屋、カフェ、バーなど、お店の業態によって店舗の内装は全く変わってきます。また、洋食屋でもフレンチ、イタリアン、メキシカンなど様々な種類があります。そして、ターゲットにしたい客層なども考えます。こうした基本的なことを決めたら、次に、ゆったりくつろいでもらうお店にするか、それとも回転率の高いレイアウトにするかなど、お店の造りまで考えたコンセプトを決めていきます。

来店するお客さんにとって、第一印象でお店のイメージがつかめなければ、そのお店に対してあまり良い印象を持たなくなるでしょう。大した特徴が無いようなお店は客足も遠のき、結果として潰れる可能性が高くなってしまいます。ですから、お客さんに好印象を与え、居心地が良いと感じてもらえるお店作りをしていかなければなりません。そのためにも、最初に決めるコンセプトが非常に重要となってくるのです。

店内のレイアウトについて

一度お店をオープンしたら、内装を直したいと思っても簡単に改装することは出来ません。したがって、お店を開業する前に、きちんとレイアウトを考えて設計する必要があります。ここでは、飲食店のケースを例に、押さえるべきポイントについてご紹介します。

キッチン(厨房)

1. 調理人が働きやすいレイアウト
お店の回転率を上げるためには、いかに効率よくお客さんに飲食物を提供出来るかが大きなポイントになります。そのためには、調理人の目線に立った動線を心がけ、調理人が働きやすいレイアウトを考えなければいけません。

2. 厨房内のスペース
厨房に複数の人間が入る場合などは、人が余裕を持って動けるだけのスペースを確保する必要があります。忙しく働いている時に、すれ違い様に人同士がぶつかったり、冷蔵庫を開けたら扉が邪魔して人が通れないなどの問題が発生すれば、能率も下がり思わぬミスを招くことにも繋がりかねません。

3. 厨房機器の容量を想定しておく
どれくらいの客数を見込んでいるかを想定し、それに見合った容量の厨房機器を用意することが大切です。大き過ぎれば経費も高くなるだけでなくスペース的にも邪魔になりますし、逆に小さ過ぎれば客数に合わせた材料を入れることが出来なくなります。後で買い替えたりすればその分余計な出費となってしまいますので、あらかじめ想定しておくようにしましょう。

4. 厨房備品の収納スペースを確保
調理中に必要な物を素早く取り出せるよう、備品を収納しておくスペースを確保することも重要です。

5. シンクは2、3ヶ所に分ける
厨房のスペースに余裕がある場合は、グラスなどを洗うシンクと、油ものやナベなどを洗うシンクに分けると、使い勝手は良くなります。

客席(ホール)

1. テーブル席は2人掛けで移動可能にする
テーブル席は4人掛けが基本となっていますが、飲食店の来客は平均で2人以下の組み合わせが多いようです。ですから、テーブル席は2人掛けを基本とすることで、店内のテーブル数を増やすことが可能になります。3人以上の来客があった場合は相席の必要が生じてしまいますが、その場合は2名席をくっつけるなどの臨機応変な対応をすれば、お客さんに相席をお願いしなくても済みます。

2、荷物置き場を設置する
カウンター席などに荷物を置く棚などを設置しておかないと、隣の席に荷物を置いたためにほかのお客さんが座れないという問題が発生する可能性があります。そのため、荷物を置ける棚やカゴなどを用意しておくことが大切です。

3. トイレは清潔にしておく
トイレが清潔であることはサービス業にとって重要なポイントです。もし、食事前に利用しようとしたトイレが汚ければ、とても食事を楽しむ気分にはならなくなるでしょうし、お店の信用もガタ落ちとなってしまいます。特に女性客はこの点を重視しますので、「化粧室」として化粧直しが出来る場所である必要があります。

4、カウンターの高さに配慮する
カウンターの高さが高いと、足がぶらぶらして落ち着かなくなります。デザインばかりを重視するのではなく、こういった細かい点にも配慮が必要です。

店舗内装工事の費用

初めてお店を開く場合、店舗の内装工事の適正価格が分からなければ、きちんとした予算を決めることは難しいと思います。しかし、予算が決まらなければ、施工する内装業者も明確な見積りを出せなくなってしまいます。ですから、ある程度の必要予算を組んで、その予算内で内装工事を行う以外に方法はありません。とは言え、内装工事の場合は価格も相場も曖昧で、なかなか適正価格というものが分かりづらい部分があります。

内装に関しては、床、壁、天井の状態や、仕上げ材料やデザイン、また店舗の種類や業態によって費用が大きく変わってくるのです。天井、壁を下地から造る場合は、平米当たり3.4千円、また床にモルタルなどの下地が必要な場合は平米当たり6千円と考えておくと良いでしょう。また、仕上げ工事については、壁と天井のクロス貼りならば平米当たり1.5千円、床仕上げがビニールタイル貼りならば平米当たり4千円もあれば十分です。店舗内装工事の相場は大体で下記のような感じになります。

新装の場合:1坪当たり30万円~65万円
改装・居抜きの場合:1坪当たり15万円~40万円

大体この範囲で予算を組んでおけば、十分満足出来るお店を造ることが可能だと思います。もちろん、この金額がすべてというわけではなく、この金額以下でも良いお店を造ることは可能です。あくまで基準価格として参考にして下さい。

一括見積を利用すれば複数の業者に対して一括で見積りを依頼出来ます。見積の依頼はもちろん無料です。見積を比較して適正価格の納得のいく業者を探しましょう。

CONTENTS