床暖房リフォームの費用

リフォームNEXT床暖房

リフォームNEXT > 床暖房 > 床暖房リフォームの費用

床暖房リフォームの費用

床暖房をリフォームで設置する場合、製品や機器の購入費のほかに、施工費や、工法によっては廃材処理費などが必要になります。電気式床暖房の設置費用は温水式に比べて割安ですが、反対にランニングコストは温水式よりも高くなります。初期費用だけで床暖房を選ぶことなく、ランニングコストやメンテナンス性なども考慮に入れ、ご自宅に最適な床暖房を選ぶことが大切です。

リフォーム費用の相場

床暖房には電気式、温水式、ハイブリッド式などの種類がありますが、どの床暖房を選択するかによって導入する機器なども違ってきます。また、製品の価格もメーカーごとに違いがあり、製品のサイズやスペックによっても価格は変わってきます。

一般的な広さの部屋に床暖房を取り付けた場合の費用は、概ね下記のような金額が相場となっています。

電気式床暖房:30〜60万円
温水式床暖房:60〜80万円

また、ボイラーなどが故障した場合の修理・交換費用は20〜30万円程度が相場になります。

床材を張り替える場合は施工費用が高くなる

床暖房を後付けで取り付ける場合、以前は既存の床材を剥がして施工する方法が一般的でしたが、最近ではリフォーム向けの床暖房の設置方法として、既存の床の上にそのまま直張りできる製品も登場しています。このタイプの場合、さらに新しい床材を上からかぶせることになるため、元の床の高さよりも1~2cmmほど高くなってしまうといった問題がありますが、床の解体や下地工事を伴わないので、比較的施工の手間も少なく、安い費用で床暖房の設置が可能となっています。

これに対して、既存の床ごと張り替えるタイプの場合では、工事が大掛かりになるだけでなく、解体した床の撤去費用なども計上されますので、床を重ね張りした場合と比べて費用が約1.5倍ほど高くなってしまいます。しかし、この方法によって床下に断熱材を入れられる点が大きなメリットです。断熱材は床暖房の効率を高める役割を果たしますので、後々のランニングコストを考えると床を張り替えた方が経済的と言えるかもしれません。

フローリング材によって予算も変わる

一般的なフローリングは熱に弱く、床暖房の熱によって反りなどの変形が生じる可能性も否定できません。そこで、床暖房設置に際して新しい床材に張り替える場合、耐熱性の高いフローリング材や、キズや汚れが付きにくいフローリング材を仕上げ材として選ぶケースも多くなっています。

ただし、フローリング材によって製品の価格がそれぞれ違いますので、どのフローリング材を選ぶかによって施工費用も当然変わってきます。床暖房を設置するお部屋の環境などをよく検討し、どのフローリング材を取り入れるのかを事前に決定しておくことも、予算を決める上で重要なポイントです。

エコキュート床暖房のリフォーム費用

最近はオール電化の家庭も少なくありませんが、自宅をオール電化にリフォームする際に、キッチン・お風呂・給湯だけでなく同時に床暖房も取り入れるケースが多く見られます。オール電化には「エコキュート」の導入が必要不可欠となるため、この場合は床暖房の設置費に加えて、エコキュートの設置費用も別途かかることになります。

エコキュートの導入には、本体価格のほかに、設置工事や水道・電気関連の工事など、諸々の施工費用が必要になります。本体価格は、一般的な容量のものであれば40~50万円ほどで手に入れることができますが、これに工事費を加えると70万円前後、さらに床暖房の設置費用と合わせると総額で150万円以上が相場となります。また、部屋の広さやフローリングの材質などによっては、これよりも高くなる場合もあります。

一括見積を利用すれば複数の業者に対して一括で見積りを依頼出来ます。見積の依頼はもちろん無料です。見積を比較して適正価格の納得のいく業者を探しましょう。

CONTENTS