ハイブリッド床暖房

リフォームNEXT床暖房

リフォームNEXT > 床暖房 > ハイブリッド床暖房

ハイブリッド床暖房とは

ハイブリッド床暖房とは、電気とガス、太陽熱とガスなど、複数のエネルギー源を組み合わせて床暖房を可能にしたシステムです。それぞれの長所が取り入れられているのが最大の特長で、省エネ効果が高く、ランニングコストも安いことから近年注目を集めています。

「電気」+「ガス」のハイブリッド床暖房

電気式の「ヒートポンプ」と、ガスを熱源とする「エコジョーズ」を組み合わせた床暖房システムです。

基本的には、電気(ヒートポンプ)で沸かしたお湯を熱源に用いますが、給湯量が多くなってタンクの容量が不足した場合には、ガス(エコジョーズ)で床暖房のエネルギーを補うという仕組みになります。

電気とガスによって効率よくエネルギーを作り出すため、省エネ性に優れ、通常のガス給湯器を使用した場合と比べても、ランニングコストは年間で約55%減らすことが可能です。

「太陽熱」+「ガス」のハイブリッド床暖房

屋根に設置した集熱器で蓄えた「太陽熱」をエネルギー源とし、足りない分をガス(エコジョーズ)がカバーする床暖房システムです。

太陽熱で沸かしたお湯が主な熱源となるため、少ない光熱費でエネルギーを作り出せるのが大きな特長です。太陽熱だけではお湯が不足する場合は、エコジョーズで追い焚きして不足分を補います。


晴れた日は太陽熱だけで十分なエネルギーを確保出来ますが、雪国など日照時間の少ない地域には不向きです。

一括見積を利用すれば複数の業者に対して一括で見積りを依頼出来ます。見積の依頼はもちろん無料です。見積を比較して適正価格の納得のいく業者を探しましょう。

CONTENTS