ヒートポンプ床暖房

リフォームNEXT床暖房

リフォームNEXT > 床暖房 > ヒートポンプ床暖房

ヒートポンプ床暖房とエコキュート床暖房の違い

エコキュート床暖房もヒートポンプの技術を利用した暖房システムですが、給湯機能と床暖房の機能が一体となっています。これに対してヒートポンプ床暖房は、給湯と床暖房の機能がそれぞれ独立していて、床暖房を単独で使うことができるようになっています。

ヒートポンプ床暖房では、空気中の熱を圧縮して直接熱交換する仕組みとなっているので、エコキュートのように湯切れが起こることもありませんし、広い面積で使用することも可能です。

ヒートポンプ床暖房のメリットとデメリット

メリット

①エコキュート床暖房よりも3倍以上広い面積で使用できる。
②複数台の設置でさらに広い面積での床暖房が可能。
③湯切れによるお湯の沸かし直しなどが不要。
④維持費が安い(ガス式の3分の2以下、電気式の3分の1以下)
⑤火を使わないシステムとなっており、またCO2も発生しないので安全に使用できる。

デメリット

①初期費用がやや高い。
②部屋が暖まるのに少し時間がかかる。
③気温の低下や、湿度の上昇などで加熱能力が下がるため、積雪の多い地域や寒冷地での設置には不向き。

ヒートポンプは少ないエネルギーで加熱するので経済的

ヒートポンプ床暖房では、空気中の熱を効率よく循環させてエネルギーに換えるため、電気式よりも少ない電力で床暖房を利用することができます。電気式と比べた場合、約4分の1のエネルギーで同程度の加熱能力を発揮します。維持費も灯油やガスを熱源とする暖房器具よりも4割程度安くなっています。

また、ヒートポンプで沸かした温水は最大でも55℃くらいとなっています。ヒートポンプではお湯を60℃以上には沸かせない仕組みとなっているため、無駄なエネルギーを使うことなく、常に最適な温水温度で床暖房を利用できます。

一括見積を利用すれば複数の業者に対して一括で見積りを依頼出来ます。見積の依頼はもちろん無料です。見積を比較して適正価格の納得のいく業者を探しましょう。

CONTENTS