床暖房の特徴とメリット

リフォームNEXT床暖房

リフォームNEXT > 床暖房 > 床暖房の特徴とメリット

床暖房の特徴とメリット

最近は暖房器具として床暖房を取り入れる家庭が増えています。床暖房には、火を使わずに室内を暖めてくれて、しかも空気を汚さないといった特長があり、快適で安全に使えることから年々人気が高まっています。

床暖房の特徴

床暖房は、床を暖めることはもちろんですが、床からの輻射熱によって室内全体を暖めることができる仕組みになっています。床暖房では火気による燃焼が発生しないため、部屋の空気が汚れることもありません。また、ライフスタイルに合った種類を選ぶことで電気代の節約にもつながります。

床暖房のメリット

燃焼がないので安全

床暖房は床面を加熱して暖める仕組みになっていますが、熱源が床下に隠れているため、ヤケドなどの心配がなく、火災の原因にもなりにくいという特長があります。

部屋の空気がキレイで乾燥も少ない

室内で火を使わない暖房設備なので、空気が汚れることもなく、臭いも発生しません。また、エアコンや温風式ストーブのような風も発生しないので、冬でも空気の乾燥を最小限に抑えてくれます。

部屋全体を暖める

遠赤外線による輻射熱で部屋全体を暖めるため、普通の暖房のように、顔から上だけ暖かく足元は冷たいといった状態になることがありません。室内全体をムラなく暖めてくれるので、全身がポカポカと温まって心地よいぬくもりを感じられます。

床暖房のデメリット

すぐには暖まらない

床暖房には、普通の暖房器具のようにすぐには暖まらないという難点があります。そのため、床暖房だけで暖を取る場合はタイマー設定などで事前に室内を暖めておく必要があります。

設置には床工事が必要

床暖房を設置するには床工事を行わなければなりません。そのため、既存の住宅の場合はリフォームが必要になりますが、最近は既存住宅向けに設置しやすい種類も多くなっています。

施工費用がかかる

リフォームで床暖房を設置する場合は、床工事などを含めた施工費用がかかります。また、種類によっては施工費用が高額のものや、今よりも電気容量をアップさせなければならないものもあります。

床暖房の上手な利用法

床暖房だけだと部屋が暖まるのに時間がかかるため、部屋に人が不在の時間帯もタイマー設定で数時間前から暖めておく必要があるなど、どうしても連続使用の機会が多くなってしまい、電気代がムダになりがちです。しかし、床暖房をエアコンなど即効性の高い暖房器具と組み合わせて使用することで、部屋の温度をすばやく上昇させることが可能となります。ある程度室内が暖まった後は床暖房だけの使用で充分暖まりますので、床暖房だけを使用する場合よりも電気代を抑えることが出来ます。

一括見積を利用すれば複数の業者に対して一括で見積りを依頼出来ます。見積の依頼はもちろん無料です。見積を比較して適正価格の納得のいく業者を探しましょう。

CONTENTS