洗面所の介護・バリアフリー

リフォームNEXT洗面所

リフォームNEXT > 洗面所 > 洗面所の介護・バリアフリー

洗面所の介護・バリアフリー

洗面所は家族みんなが安全に使用できる空間でなければいけません。ご家族に高齢者や身体の不自由な方がいる場合は、動線やスペースの確保など、安全に十分配慮したリフォームを計画することが求められます。

スムーズな動線の確保

洗面所の介護やバリアフリーリフォームを検討する場合、まず車イスの利用を想定した設計を行うことが重要です。洗面所という限られた空間で車イスがスムーズに動けるような動線を確保します。洗面台はカウンターの下に足を入れられるタイプのものを選べば、その分だけスペースが広がってスムーズな動線を作れます。出来れば座ったまま使用できる洗面台を選ぶのが理想的ですが、それが難しい場合は手すりの付いた洗面台を選ぶのも一案です。そうすることで、身体の不自由な方も使いやすくなりますし、家族みんなの安全にも配慮できます。さらに、出入口を中心に洗面所全体に手すりを設置しておけばより安心です。

介護・介助がしやすいように十分な収納スペースを

洗面所が散らかった状態ではスペースを有効に活用することが困難となり、車イスの移動にも支障を来たしかねません。十分な収納スペースを確保して、常に介護や介助がしやすい空間にしておくことが大切です。洗面台の収納に限りがある場合は、壁に収納棚を取り付けるなどして収納を工夫するようにしましょう。また、洗面所に収納付きのベンチを設置すれば、収納スペースの確保だけでなく、足腰の不自由な方も便利に使えるので一石二鳥です。

バリアフリーに配慮した空間に

洗面所を脱衣所として使用する場合は、座ったまま着替えができるように折りたたみのイスなどを設置しておくと便利です。さらに、イスのそばに手すりを取り付けておけば立ち座りの動作が楽になります。また、お年寄りがいる場合は洗面所と浴室の温度差にも注意しましょう。この温度差が大きいと急激な血圧上昇を招くことがあるので大変危険です。ですので、必ず洗面所には暖房を設置するようにして下さい。また、床の段差をなくしたり、素材も滑りにくいものを使用するなど、細かい部分にも配慮が必要です。

一括見積を利用すれば複数の業者に対して一括で見積りを依頼出来ます。見積の依頼はもちろん無料です。見積を比較して適正価格の納得のいく業者を探しましょう。

CONTENTS