トイレ手洗器の設置

リフォームNEXTトイレ

リフォームNEXT > トイレ > トイレ手洗器の設置

トイレ手洗器の設置

最近は便器にタンクや手洗いが付いていないタイプのトイレが人気となっています。タンクレストイレの導入や手洗器を別に設置することによって、トイレがすっきりとした印象に変わるだけでなく、個性的でデザイン性の高い空間を実現出来るのも魅力です。トイレ手洗器を導入するには当然タンクレスの便器を使用することになるわけですが、高層マンションの上階など水圧が低く水が流れにくい環境にお住まいの場合は、そうした環境でも使用可能なタイプの製品を選ぶ必要があります。

トイレ手洗器の種類

トイレの手洗器にも色々な種類があり、どのタイプを選ぶかによってトイレの印象や使用感なども変わってきます。ここでは、代表的なトイレ手洗器の種類と特徴についてご紹介します。

ボウル型

手洗器の形状がボウル型になっているタイプです。どちらかと言えば狭いトイレに適したタイプで、スペースを取らない壁掛けタイプなどもあります。デザインもバリエーション豊富で、陶器や磁器などが素材の製品もあります。タオル掛けなど周辺のアイテムと上手に組み合わせれば、おしゃれなトイレを演出することも可能です。

キャビネット型

手洗器と収納が一体となったキャビネットタイプです。狭い空間でも設置可能な薄型の製品も多く、トイレのコーナー部分に据え付けることも出来ます。完全埋め込み型や半埋め込み型などの種類もありますので、トイレの広さや好みに応じて適したタイプを選ぶと良いでしょう。

システム型

手洗器や収納キャビネットはもちろん、タオル掛けや鏡などもセットで組み合わせることが可能なタイプです。システム型は好みに合わせて自由にコーディネート可能な点が魅力で、カウンターと手洗器だけといったシンプルな組み合わせから、キャビネットやタオル掛けなどを全てひとまとめにしたタイプまで、自由に選択することが出来ます。

トイレ手洗器設置のポイント

一般的な家庭のトイレは空間の広さもある程度限られてしまいますので、便器以外のものを新たに取り付けると窮屈感を感じてしまうことが多いと思います。ですから、新しく手洗器を設置する場合は、トイレのスペースや便器の大きさなどを考慮に入れながら、使いやすくて邪魔に感じられない位置に設置することがポイントです。

また、トイレ内で使用するものをひとまとめに収納出来るキャビネット型を上手に設置することで、狭い空間もスッキリとした印象に変わります。また、タオル掛けやペーパーホルダーなど収納しないものは、手洗器とのコーディネートを考えてなるべくデザイン性のあるものを選びたいところです。

トイレリフォームのメリットはただ使い勝手を良くすることだけでなく、ちょっとした工夫やアイデア次第で、施主の思い描く理想の空間を実現出来るところにあります。ですから、予算内でプランニングをじっくり検討し、おしゃれで個性的なトイレを演出してみてはいかがでしょう。

一括見積を利用すれば複数の業者に対して一括で見積りを依頼出来ます。見積の依頼はもちろん無料です。見積を比較して適正価格の納得のいく業者を探しましょう。

CONTENTS