トイレリフォームのポイント

リフォームNEXTトイレ

リフォームNEXT > トイレ > トイレリフォームのポイント

トイレリフォームのポイント

トイレのリフォームでは、和式から洋式への変更や、古い洋式トイレを新しくリフォームするといったものが一般的です。このほか、内装部分の張替えや収納スペースの新設、手すりの取り付けなどのリフォームも多くなっています。トイレリフォームのポイントは、それぞれの目的に合ったリフォームを選び、それに応じて予算を決めていくことです。特に、既存のトイレを別の場所に移動するようなリフォームになると、工事が大掛かりになって費用も高くなりますので、予算オーバーにならないようなるべく見積り前に予算を決めておくようにしましょう。

トイレリフォームの工事期間

トイレは一日に何度も通う場所なので、リフォームによって何日も使えなくなってしまったら非常に不便です。従来のトイレリフォームでは、便器を取り替える工事の場合は床下の配管をに手を付ける大掛かりなものとなっていたため、必然的に工期が長くなってしまいました。しかし、最近ではリフォーム対応の便器が主流になりつつあり、床を剥がさなくても配管工事が出来るようになりました。そのため短い工期でリフォームが完了し、従来に比べてコストダウンも可能となっています。

トイレリフォームで心掛けておくべきポイント

トイレリフォームを行う上で重要なポイントは、どのような目的でリフォームしたいのかを明確にし、そのための条件や予算をあらかじめ決めておくことです。たとえば、「便器を取り替えたい」、「温水洗浄便座にしたい」、「内装を一新したい」など、まずはリフォームの目的を最優先し、その上で条件や予算を決めていくようにしましょう。また、トイレにどのくらいの広さがあるのかを、ある程度知っておくことも大切です。便器を交換するにしても様々なサイズがありますので、ご自宅のトイレのサイズに合わせて商品を選ぶ必要があります。

マンションのトイレリフォームについて

一般にマンションのトイレリフォームは難しいというイメージを持たれる方が多いようです。マンションなどでは床上排水が一般的となっており、主に便器の後ろや横の壁に排水管が埋め込まれているケースが多くなっています。最近ではマンションのトイレリフォームの需要が増していることから、床上排水に対応した便器が開発され、マンションでのトイレリフォームにも支障がなくなっています。また、給排水を別々にすることが出来る商品もあり、これによって手洗器が付いた便器を取り入れることも可能になっています。

老後のことを考えたトイレリフォーム

せっかくトイレをリフォームするのなら、老後に備えたリフォームを考えた方が先々安心です。たとえば、今の内に手すりを取り付けておいたり、出入り口の段差をなくしたり、トイレを別の場所に移動するのであれば寝室の近くにするなどです。また、和式便器は足腰が弱ったときに負担がかかりますので、必ず洋式便器を設置するようにしましょう。このように、年老いて介護が必要になったときのことも考えてリフォームすることが大切です。

一括見積を利用すれば複数の業者に対して一括で見積りを依頼出来ます。見積の依頼はもちろん無料です。見積を比較して適正価格の納得のいく業者を探しましょう。

CONTENTS