リビングリフォームの費用

リフォームNEXTリビング

リフォームNEXT > リビング > リビングリフォームの費用

リビングリフォームの費用

リビングのリフォームでは、工事内容によって費用の相場が変わってくるのはもちろんですが、部屋の広さや使用する建材によっても料金が変動します。工事内容も様々なので、一概に相場を算出することは難しいのですが、一般的なケースをもとにリフォームの価格帯をご紹介していきます。

リビングリフォームの価格帯

リビングリフォームの価格帯としては100万円未満が一般的ですが、リフォームの内容によっては数百万円におよぶケースもあります。リビングリフォームで多いのは壁などのクロスやフローリングの張り替え、間仕切り撤去といった工事ですが、一般的な内装材を使用する工事であれば50万円以内におさまるケースがほとんどです。ただし、リビングに合わせてダイニングやキッチンも同時にリフォームする場合は、平均的に100万円以上の価格帯になります。なお、リビングやダイニング、キッチンをそれぞれ別の時期に個別にリフォームするよりも、同時にリフォームしてしまったほうがトータル的には安上がりです。

壁紙と天井クロスの張り替え

リビングをはじめとする内装リフォームでは、部屋の面積と使用する内装材によって費用が変わってきます。内装材を選ぶときには、デザインだけでなく機能面も考慮して選ぶことが大切です。リビングの壁紙には白を基調とした薄い色がよく使われています。落ち着いた色の方がほかのインテリアと調和しやすく、また部屋全体が広く見えます。リビングでは、種類が豊富で価格も安いビニールクロスの人気が高いですが、最近では調湿・消臭などの機能性に優れた漆喰や珪藻土などの塗り壁を使用する家庭も増えています。

壁紙・クロス張り替えの価格帯と費用相場

壁紙やクロス張り替えの価格帯ですが、一般的なビニールクロスであれば材料費・施工費込みで1㎡あたり1,000円~3,000円程度になります。塗り壁の場合は左官工事を伴うため施工費が割高となり、1㎡あたり4,000円~9,000円ほどとなっています。

一般的な15畳の部屋では、天井と壁を合わせた総面積は約100㎡です。ここからドアや窓、クローゼットなど施工対象外となる部分を引いた面積で費用が決まります。

フローリングの張り替え

フローリングの張り替えでは使用する床材によっても費用が変わり、無垢材のほうが複合材よりも価格が高くなります。フローリング材を選ぶ際には、デザインを重視するだけでなく、機能性や耐久性なども考えてリビングに一番合ったものを選ぶことが大切です。色の観点から見ると、濃いめのフローリングなら落ち着いた雰囲気のリビングにピッタリ合いますし、逆に明るめの色はカジュアルな雰囲気のリビングに合います。また、リビングは家族みんなが集まる場所であることから、フローリングに傷や汚れがつきやすくなりますので、なるべく傷がつきにくくメンテナンスが楽な床材を選ぶようにしましょう。

フローリング張り替えの価格帯と費用相場

フローリング張り替えの価格帯は、複合材の場合は1㎡あたり3,000円~8,000円、無垢材の場合は1㎡あたり9,000円~15,000円ほどになります。これに施工面積に応じた工事費用が別途加わります。

リビングとダイニングの間仕切り撤去

リビングとダイニングを隔てる間仕切りを撤去した場合のリフォーム費用をご紹介します。なお、間仕切りを撤去することによって耐震性に影響が出ないように考えることも大切です。比較的古い家屋の場合は、間仕切りの撤去によって補強工事が必要となるケースも多く見られます。また、2×4(ツーバイフォー)住宅の場合は壁で建物を支える構造なので、間仕切り撤去が難しくなります。

間仕切り撤去のリフォーム費用

ここでご紹介するのは、リビングとダイニングの間仕切り撤去のほかに、壁紙と天井クロスおよびフローリングの張り替えを同時に行った場合のリフォーム費用の一例です。なお、リビングとダイニングを合わせた広さは約14畳として金額を算出しています。

フローリング材(複合): 11万円

壁紙・天井クロス(工事費含む): 37万円

フローリング張替え・間仕切り撤去: 7万円

総額: 55万円

和室をなくしてリビングを拡張する

和室を撤去してリビングを拡張するリフォームです。日本ではリビングと和室が隣接している住宅が一般的ですが、最近は洋風志向の高まりから、和室をなくしてリビングと一続きの空間に改装する家庭が増えています。このリフォームでは、まずリビングと和室を隔てる間仕切りを撤去するのが基本で、さらに和室をリビングの雰囲気に合わせて洋風に造り変えます。

リビングを広げるリフォームの費用

間仕切り撤去および内装工事:70万円

押入れをクローゼットに変更:15万円

可動式パーティション設置:27万円

総額:112万円

※ 材料費を含む

リビングに床暖房を設置する

リビングに床暖房を設置する場合は、家族構成やライフスタイルに適した床暖房を選ぶことが大切です。床暖房には温水式と電気式とがあり、温水式は広範囲での使用や長時間暖めたい場合に向いています。一方、電気式は部分的に暖めたい場合や短時間の使用に向いています。設置費用は温水式のほうが高く、ランニングコストは電気式のほうが高くなります。また、通常のフローリング材は熱に弱く、床暖房の使用によって変形などのおそれがあるため、リフォームの際には床暖房に対応した耐熱性のあるフローリング材に張り替えるのが一般的です。

床暖房設置の費用

温水式床暖房を設置した場合のリフォーム費用の目安です。なお、暖房機器本体の価格は工事費用に含みます。

床暖房設置+フローリング交換工事:100万円

一括見積を利用すれば複数の業者に対して一括で見積りを依頼出来ます。見積の依頼はもちろん無料です。見積を比較して適正価格の納得のいく業者を探しましょう。

CONTENTS