和室を洋室にリフォームする

リフォームNEXT和室

リフォームNEXT > 和室 > 和室を洋室にリフォームする

和室を洋室にリフォームする

和室を洋室にリフォームすることで、畳や襖などの張り替えが不要になったり、ダニなどの防虫対策が可能になるといったメリットがあります。このような理由から、最近では和室から洋室に変更するリフォームの需要が高くなっています。

和室を洋室に変更する場合のリフォームプラン

和室を洋室にリフォームする場合、どのような目的で洋室に変更したいのか、あらかじめプランを考えておくことが大切です。たとえば、和室らしさを残しながら部分的に洋風にしたいのか、あるいは全面的に洋室に変えてしまいたいのか、その目的によって工事内容も大きく変わってきます。

畳をフローリングに変更する

和室といえばまず畳をイメージしてしまうほど、和室における畳の存在は大きいものがあります。それだけに、畳をフローリングに変更するだけでも、かなり洋室らしい空間に作り変えることが可能です。畳とフローリングでは床下の構造が異なるため、補強工事や段差を解消する工事が必要になります。

壁や天井を洋風にリフォームする

壁や天井を洋風にリフォームすることで、和室の印象は大きく変わります。和室の壁は砂壁や、柱がむき出しとなった壁が多くなっています。そのため、壁を洋風にするには、まず柱が隠れるように壁の造作工事を施し、その上からクロスを張って仕上げる形が一般的です。天井も同じようにクロスを張って仕上げます。また、クロスのほかに、壁材として珪藻土などを用いる方法もあります。

ふすまを洋風の引き戸にリフォームする

和室を洋室にリフォームする際、ふすまをそのまま残したとしたら少し違和感があります。やはりふすまを撤去して、洋風の引き戸などに変更したほうが洋室らしくなります。引き戸の場合は敷居を変えるだけで設置できるので簡単にリフォームできます。開き戸の場合は段差に注意してリフォームする必要があります。

押入れをクローゼットにリフォームする

和室の押入れは布団などを収納するためのスペースですが、洋室にリフォームしてベッドを使うことになれば押入れは必要なくなりますので、衣類を収納するクローゼットに変更したほうが洋室として使いやすくなります。押入れからクローゼットにリフォームする場合は、押入れの段を撤去して、代わりに仕切りなどを設けます。ふすまも取り払い、洋風の折れ戸や開き戸などをドアとして選ぶとよいでしょう。また、クローゼット内の湿気対策として、調湿機能を持つ建材を使用してリフォームすることをおすすめします。

一括見積を利用すれば複数の業者に対して一括で見積りを依頼出来ます。見積の依頼はもちろん無料です。見積を比較して適正価格の納得のいく業者を探しましょう。

CONTENTS