和室リフォームのポイント

リフォームNEXT和室

リフォームNEXT > 和室 > 和室リフォームのポイント

和室リフォームのポイント

最近では和室を作らない新築住宅も多くなってきましたが、その一方で和風の良さが見直され、和室を新しくリフォームする家庭も増えています。最近では、クロスや畳を取り替えるだけでなく、窓や照明を取り替えて室内を明るくしたり、和室とリビングをつなげて開放的な空間を作ったりといった、多彩なリフォームプランも見られるようになってきました。また、リビングの一角に和室コーナーを設けるケースも増えています。和室リフォームでは、使用する目的に応じたリフォームを考えることが大切です。

内装材

伝統的な和室といえばやはり畳です。畳といえば、ダニやカビなどが発生しやすいことから敬遠される向きもありますが、最近ではカビや害虫の発生を抑え、健康的で機能性に優れた畳が多く登場しています。また、縁のない琉球畳などもモダンな雰囲気で人気が高くなっています。壁の素材としては、調湿性に優れた珪藻土の塗り壁や、和紙クロスなどが人気です。

収納スペース

和室の収納スペースといえば押入れですが、和室をどのように使うかによって押入れ収納のポイントも変わってきます。たとえば、和室を寝室として使うのであれば、押入れをクローゼットにしてしまうという方法もあります。また、最近は和室の床下に収納スペースを設けるリフォームも多くなっています。

和室の窓には内障子が付き物ですが、この内障子を和紙製のブラインドやロールスクリーンに変えると、落ち着いたイメージのある和室が明るくモダンな雰囲気になります。また、内窓に和紙調ガラスや組子デザインを用いると、お部屋の断熱性が高まります。

照明

和室の照明には、用途に応じて色や光を調節できるタイプのものが適しています。最近では、シーリングのような天井に埋め込むタイプの照明が人気ですが、本格的な和室であればペンダント型の照明のほうが空間に似合います。また、フロアスタンドを設置して和室らしい雰囲気を演出してもよいでしょう。

和室を茶の間として使う場合のポイント

和室を茶の間にしたい場合は、床の高さをリビングと同じにしてつなげたり、逆に床を高くして床下に収納スペースを設けてもよいでしょう。インテリアなどを取り入れて空間の演出を色々と工夫してみるのもおすすめです。

一括見積を利用すれば複数の業者に対して一括で見積りを依頼出来ます。見積の依頼はもちろん無料です。見積を比較して適正価格の納得のいく業者を探しましょう。

CONTENTS