外構の種類

リフォームNEXTエクステリア工事

リフォームNEXT > エクステリア工事 > 外構の種類

外構(エクステリア)の種類

外構の種類は、大きく分けてクローズド外構、オープン外構の2つに分類され、その中間という形でセミクローズド外構があります。それぞれ特徴があり、費用の面でも変わってきますので、どのような外構にするのか事前にイメージしておくとよいでしょう。

クローズド外構

門扉や塀、柵を高めに作り、隣接する住宅や道路など、外部からの視線を遮断してプライバシーを重視する外構。プライバシーの保持や重厚感は優れているが、ひとつ間違うと閉鎖的なイメージになってしまうという短所もあります。古来より日本の建築に多く見られるスタイルです。

オープン外構

敷地の周囲(境界線)に門塀・塀・柵を作らずに、樹木や草花を植栽して道行く人も楽しませる、町並みにも配慮した開放的な外構。欧米に多く見られるスタイルで、建造物が少なくクローズド外構よりも比較的費用が抑えられる場合が多いのが特徴です。

セミクローズド外構

クローズド外構とオープン外構、二つの要素を取り入れた外構。塀や柵を低くしたり、開放的な場所と、プライバシーを重視した場所で分けたり、クローズド外構とオープン外構、双方の良い所を取り入れたスタイルで、近年は主流になってきているようです。

一括見積を利用すれば複数の業者に対して一括で見積りを依頼出来ます。見積の依頼はもちろん無料です。見積を比較して適正価格の納得のいく業者を探しましょう。

CONTENTS