風呂・浴室リフォームの費用と相場

リフォームNEXTお風呂

リフォームNEXT > お風呂 > 風呂・浴室リフォームの費用と相場

風呂・浴室リフォームの費用と相場

風呂・浴室のリフォームでは、在来工法の浴室にするのか、あるいはユニットバスを導入するのかによって費用や相場も大きく変わってきます。また、ユニットバスのサイズや設備の種類・グレードなどによっても左右されます。

風呂・浴室のリフォーム費用は、導入するユニットバスのグレードに占める部分が大きいですが、もちろん取り入れる設備機器や工法などによっても大きく変わってきます。風呂・浴室は1日の疲れを癒すための場所だけに、少しでも快適な空間になるようリフォームしたいと願うものです。そのため、理想を追求すればするほど工事の規模が大きくなり、気付いたらかなりの予算オーバーになっていたというケースも少なくありません。理想や快適さを追い求める気持ちも分かりますが、まずは予算に見合ったリフォームを第一に考え、その中で少しでも理想に近付けていく工夫をすることが大切です。

風呂・浴室リフォームでは、50万円以下の費用で済むケースもあれば、100万円を超えるような高額のリフォームになることもあります。もちろんケースバイケースで変わってきますが、たとえば浴槽の交換だけなら50万円以内で収まる場合が多いですし、ユニットバスの交換も平均で100万円以内が相場となっています。しかし、在来工法の浴室からユニットバスに乗り換えるようなリフォームになると、従来の浴室を解体しなければならなくなるため、工事が大掛かりで工期も長くなるので、最低でも100万円以上の予算が必要になってきます。一方、設備機器を導入するだけのリフォームであれば比較的安価で済みます。たとえば、ミストサウナ付き浴室暖房乾燥機を導入するだけなら、工事費用も含めて20万円以内で収まると考えて良いと思います。

ケースごとのリフォームにかかる費用

在来工法の浴室をユニットバスに変更

最近の新しい住宅ではユニットバスがほとんどですが、日本ではまだまだ古い住宅も数多く残されており、そのような古い住宅では在来工法の浴室を使用している家庭が多く見られます。そのため、在来工法からユニットバスへと変更するリフォームがとても多くなっていますが、在来工法からユニットバスに変えるには、浴室の天井や壁、床を全部解体して作り変えなければなりません。さらに、その際に出た廃材などの処分費用も必要になります。また、土台や基礎などの傷みが激しい場合は補修工事を行った上で、ユニットバスを設置するための配管工事など土台作りに入ることになります。そのため、既存の浴室の傷み方が激しいほど工事費用も高くなります。

既存のユニットバスを新しいユニットバスに取り替える

既存のユニットバスを新しいユニットバスに取り替えるには、古くなったユニットバスを撤去してから新しいものを組み立てていきます。その際、ユニットバスを入れ替えるための搬入路を確保するために壁の一部を壊さなければなりません。そして、新しいユニットバスを組み立てた後で再度壁を作り直します。これにより、材料費よりも工事費用の方が高くなってしまうケースもあります。しかし、一般的にユニットバスからユニットバスへの変更では、新しく導入するユニットバスのグレードによって費用が大きく変わります。

オリジナリティ豊かな在来工法の浴室を作る

自分だけのオリジナリティ豊かな風呂・浴室にリフォームしたいのであれば在来工法以外に選択肢はありません。在来工法では、設計から素材選びまで自由な発想で決めることが可能です。しかし、当然ながら設計段階で理想を追求すればするほど予算が高くなり、工期が長くなるようなリフォームになればその分費用も増していくことになります。ですので、あらかじめ予算を決めておき、その範囲内で出費が収まるようリフォーム会社とよく話し合って調整していくようにしましょう。

浴室換気暖房乾燥機を導入する

入浴前に浴室を暖めておきたい場合や、お風呂場で洗濯物を乾かしたい場合などには、浴室換気暖房乾燥機の導入が欠かせません。新しくユニットバスを設置する場合にオプションで付いてくるのが一般的ですが、既存の浴室に新しく導入することも可能です。後付けの場合は工期も1日程度で済みますし、費用も比較的安くなっています。

ガス給湯機を交換する

お湯を2ヶ所同時に使うためにはガス給湯器が高性能であることが条件になります。古いタイプの浴室で2ヶ所同時給湯を可能にするには、ガス給湯器を新しいものに交換する必要があります。工事は交換した給湯器に配管を接続し直すだけなので1日あれば終わります。給湯器の購入費と合わせても20万円以内で収まるのが一般的です。

古い給湯器を撤去して浴槽を広くする

古いお風呂の場合、給湯器にバランス釜を使用していることが少なくありません。バランス釜は一定のスペースを占領することになるため、そのような浴室だと必然的に浴槽のサイズが小さくなってしまいがちです。限られた空間で浴槽を広くするためには、バランス釜を撤去して浴槽を大きいものに取り替えるか、あるいは浴室ごとユニットバスにリフォームするといった方法があります。その場合は、新しい給湯器の購入費や配管工事費、解体工事費などが必要になります。

一括見積を利用すれば複数の業者に対して一括で見積りを依頼出来ます。見積の依頼はもちろん無料です。見積を比較して適正価格の納得のいく業者を探しましょう。

CONTENTS