風呂・浴室リフォームの業者選びのポイント

リフォームNEXTお風呂

リフォームNEXT > お風呂 > 風呂・浴室リフォームの業者選びのポイント

風呂・浴室リフォームの業者選びのポイント

風呂・浴室リフォームで施工業者を選ぶ際に重視すべきポイントはいくつかありますが、水廻りという特殊な環境でのリフォームとなるため、経験と実績が豊富な業者を選ぶことが何よりも大切です。風呂・浴室のリフォームでは、配水設備や防水などに最大限配慮しながら工事を行う必要があります。施主の希望を叶えようと予算内で無理な工事をして、その結果後になって水漏れなどの事態が起きてしまっては元も子もありません。施主の希望に口を挟むことなく丸ごと受け入れてしまうような業者よりも、プロの観点から適切なアドバイスと最善の案を提示してくれる業者こそ望ましいと言えます。ですから、あなたやご家族の希望、意見に耳を傾けつつ、プロとして最善のアドバイスを与えてくれる業者に工事を依頼するようにしましょう。

必ず相見積りで業者を選ぶことが重要

風呂・浴室のリフォームではそれなりの出費が必要になります。リフォームの規模によっては数百万円かかるような工事になることだってあります。基本的に風呂・浴室リフォームでは、どのシステムバスを選ぶかによって費用が大きく違ってくるものですが、材料費や工事費用なども決して馬鹿になりません。リフォームの際になるべく出費を抑えたいというのは誰しも同じですが、だからと言って金額だけで業者を選ぶのはとても危険な考え方です。極端に安い金額で工事をしてもらったまでは良かったものの、後から水漏れなどのトラブルが発生したといった話をよく耳にします。ですので、必ず複数の業者から相見積りをとって、業者を比較検討するようにしましょう。見積り額が極端に高かったり、反対に安すぎるような業者は除外した方が賢明です。

経験や実績、保険の有無などで業者を見極めること

一日の疲れを癒せる快適な空間を求めてリフォームしたのに、後になって水漏れなどのトラブルが発生したらたまったものじゃありません。特に階上に浴室やシャワールームを新たに設置する場合は、施工に細心の注意が求められます。手抜き工事などをする業者はもってのほかですが、なるべく水廻りリフォームの経験や実績が豊富な業者に施工を依頼した方が安心です。

また、リフォーム会社の中には、保険に加入していないような悪質な業者も少なからず存在します。特に、総予算が500万円に満たないリフォームの場合は「建設業許可」を取得していない業者でも工事を請け負うことが可能となっています。そのため、技術が未熟で保証も付けてくれないような悪質なリフォーム会社に騙されて痛い目を見るといったケースが後を絶ちません。風呂・浴室などの部分的なリフォームの大半は500万円未満の工事になりますので、この点に十分注意して、保険の有無などをあらかじめ確認しておくようにしましょう。

現地調査を十分に行ってくれる業者は安心

悪質な業者に多いのが、「近所を回ったついでだから」などと言って突然押しかけてきて、建物や設備への不安を煽ってその場で契約を迫るパターンです。万一、このような業者に工事を依頼すればどのような結果になるかは言うまでもありません。風呂・浴室の場合もそうですが、リフォームには入念な現地調査やヒアリングが欠かせません。この部分をおろそかにするような業者は信用しない方が賢明です。調査から見積りまでを無料で引き受けてくれる業者もたくさん存在しますので、出来るだけそうした業者を探すようにしましょう。

見積り内容などを分かりやすく説明してくれるかどうか

風呂・浴室に関わらずリフォームには専門的な部分が多く、素人には分かりにくい点も多くあります。ですから、疑問に感じたことなどは積極的に質問して、納得のいくまで話し合うようにしましょう。その際、素人にも分かりやすい言葉できちんと説明してくれる業者なら安心です。また、見積りの内訳について具体的な説明をしてくれるかどうかも、優良な業者を見極める上で非常に重要なポイントです。

一括見積を利用すれば複数の業者に対して一括で見積りを依頼出来ます。見積の依頼はもちろん無料です。見積を比較して適正価格の納得のいく業者を探しましょう。

CONTENTS