シャワールームの設置

リフォームNEXTお風呂

リフォームNEXT > お風呂 > シャワールームの設置

シャワールームの設置

最近は日本の家庭でも、欧米のように浴室以外にシャワールームを設置する家庭が増えています。特に家族が多い家庭などでは、誰かが浴室を使っている時でも、手軽に汗だけ流せる空間が別にあると、とても便利なようです。

シャワールーム設置のメリット

浴室とは別にシャワールームを設置する利点は、やはり何と言っても、誰にも邪魔されることなく好きな時間にシャワーを浴びられるという点ではないでしょうか。日本でも、比較的新しい戸建住宅などでは、トイレが1階と2階にそれぞれ設置されるようになりましたが、浴室となるとやはり一ヶ所が基本です。家族が何人もいる家庭では、入浴時間がかち合うなどして、不便を感じることもあるようです。

特に最近は、朝の出勤・出社前にシャワーを浴びてから出かける人が多くなりました。そんな朝の忙しい時間帯に、シャワーを使いたい家族同士がかち合ったりしたら困りますよね?シャワールームは、そんな悩みを解消してくれる存在として人気が高まっています。

シャワールーム設置の注意点

シャワールームを設置する場合に最も注意しなければならないのは、やはり水漏れ対策です。特にシャワールームを2階に設置する場合は、万一水漏れすると大変なことになってしまいます。

シャワールームには、「在来工法」と「ユニット工法」の2種類の設置方法があります。どちらの工法を採用するかは、ご自宅の住環境などで変わってきます。

在来工法のメリット

シャワールームの周りを防水加工し、壁や床の材質にコンクリートやタイルなどを使用する従来の工法です。在来工法の最大のメリットは、自由度の高いシャワールームを作れるという点で、間取りやスペースに合わせて好みのスタイルのシャワールームを作ることが可能となっています。

ユニット工法のメリット

ユニットバスと同じように、工場で生産されたパネルを現場で組み立てて完成させる工法です。工事期間が短く、在来工法よりも費用が安いというメリットがあります。また、壁と床が一体化した作りとなっているため、防水性に優れているのが大きな特長です。昔のシャワールームは浴室に比べると温まりにくいという問題がありましたが、最近は断熱材を配置した保温性の高いユニット工法のシャワールームも数多く登場しています。

戸建住宅の1階にシャワールームを設置するなら在来工法もおすすめですが、2階に設置する場合や集合住宅の場合は、やはり防水性の高いユニット工法が良いでしょう。

一括見積を利用すれば複数の業者に対して一括で見積りを依頼出来ます。見積の依頼はもちろん無料です。見積を比較して適正価格の納得のいく業者を探しましょう。

CONTENTS