介護・バリアフリーリフォームの費用

リフォームNEXTバリアフリー

リフォームNEXT > バリアフリー > 介護・バリアフリーリフォームの費用

介護・バリアフリーリフォームの費用

バリアフリーリフォームでは、おもに介護が必要な同居者のために行う場合と、将来の予防策として行う場合とに分かれますが、その目的によって施工箇所や費用も変わってきます。家全体を改装する場合と、必要な箇所だけ改装する場合とでは費用も大きく異なります。さらに、施工箇所によっても費用に開きがあります。

手すりの取り付けにかかる費用

バリアフリーリフォームで最も需要の高い工事のひとつが手すりの取り付けです。特に高齢で足腰の弱ったお年寄りにとって手すりは必要不可欠な存在となります。手すりの設置はおもに階段に取り付けるケースが多いですが、廊下全体や浴室・トイレなどの水廻りにも設置しておくと安心です。手すり取り付けの費用は、手すりの材質や長さ、設置箇所などで変わってきますが、相場としては1箇所あたり1万円~3万円ほどで、バリアフリーリフォームの中では特に安価な工事となっています。ただし、下地補強などを行う必要がある場合は相場よりも割高となります。また、高齢の同居者などがおらず、将来に備えて今のうちから手すりを取り付けようと考えている場合は、とりあえず今は下地補強のみ行っておいて、手すりの設置は老後になってから行うというのもひとつの選択肢です。

浴室リフォームの費用

浴室のバリアフリーリフォームとしては、特にユニットバス設置の需要が高くなっています。ユニットバスにも色々なタイプがありますが、高齢者がまたぎやすい高さで、内側に段差がなく滑りにくい材質のものを選びたいところです。費用は設置するユニットバスの大きさなどで違ってきますが、相場としては工事費用を含めて70万円~100万円ほどとなっています。また、冬場の浴室ではお年寄りがヒートショックによって亡くなるケースがとても多くなっています。そのため、バリアフリーリフォームをするのであれば、浴室内への暖房や乾燥機の設置も予防策として絶対に欠かせません。浴室内に暖房や乾燥機を設置する場合の費用は15万円~20万円ほどが相場になります。

扉を引き戸にする場合の費用

開き戸には段差があったり、また車イスなどでの出入りの際に扉の開け閉めが大変だったりと、要介護者にとっては何かと不便を伴います。また、開き戸の場合はデッドスペースが広がるため、空間が狭まって介護の邪魔にもなります。そこで、開き戸を引き戸や折戸などに変更する工事もバリアフリー改修では需要が高くなっています。開き戸を引き戸に交換する場合の費用ですが、平均的な間口の場合で1ヶ所あたり15万円前後です。

ホームエレベーターの設置費用

車イス生活を強いられる高齢者の増加に伴って、最近では自宅にホームエレベーターを設置する家庭も増えてきています。設置費用は、2~3人乗りのタイプで250万円ほどです。なお、自宅にホームエレベーターを設置する場合は、事前に確認申請を行うことが義務付けられています。この際、旧耐震基準で建てられた古い建物では許可がおりないケースもあります。また、エレベーターを設置した場合は、年に一度は専門の業者に依頼してメンテナンスを行うことが重要です。

一括見積を利用すれば複数の業者に対して一括で見積りを依頼出来ます。見積の依頼はもちろん無料です。見積を比較して適正価格の納得のいく業者を探しましょう。

CONTENTS